交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  時効でも損害賠償請求は出来ます >  交通事故の示談交渉で時効になっていても、損害賠償請求をする方法

交通事故の示談交渉で時効になっていても、損害賠償請求をする方法

治療費の請求(示談交渉)にも時効があります

つまり、ある一定の期間を過ぎてしまうと、お金をもらう事が

出来なくなります


普通に治療などをしていれば、あまり気にはならない日数でしょう


しかし、被害者が重傷の場合には、この時効が気になってきます

私達の時もそうでした


時効は、自賠法では交通事故から2年です

自賠責保険からおりる賠償金は2年以内に請求しないと出なくなります


ただし民法では、加害者本人に請求できる時効は

3年です(民法724条)


また、ひき逃げなど加害者が不明な場合は、3年の時効にはかかりません

この場合の損害賠償請求に関する時効は20年です


また、時効は「怪我に対する部分」「後遺障害に対する部分」

に分けられます


「後遺障害に対する部分」については、医師が後遺障害があると

認めた時(後遺障害認定日)から起算されるので、こちらは時間があります


問題は、「怪我に対する部分」です

こちらは、事故から起算して時効が成立します

なので、あまり時間がありません


長い期間治療を必要とした場合は、

交渉期間があと3ヶ月となるケースもあります

そういった場合は、時効の中断をさせましょう!


■交通事故の示談交渉で時効を中断させる対処法


示談交渉が難航して、時効になりそうな時は

以下の方法で時効を中断させましょう


@まず、加害者に対してですが、「今後の補償をきちんとやります」という

念書を書いてもらいます


そうすれば、その念書を書いた時から時効のやり直しが出来ます

または、治療費の一部を加害者に払ってもらいます


そうすると、加害者は支払い義務があると認めているわけですから

その時点から時効のやり直しが出来ます


私達は、念書と支払いの両方を使いました


しかし、念書や支払いに応じない誠意のない加害者もいます

そういう場合は「内容証明郵便」による請求手続きを取りましょう


「私は、あなたにいくら請求します」という旨の文章を送るということです


但し、内容証明郵便による請求は、6ヶ月以内に裁判上の請求手続き

取らないと時効中断の効力が無くなりますので、このケースの場合は

弁護士行政書士と打ち合わせをして準備しましょう


A自賠責保険の時効については、自賠責保険会社に

「時効中断承認申請書」というものがありますので

これを、自賠責の保険会社に提出します


これで簡単に中断できます


B相手の任意保険の時効については、気にする必要はありません


損害賠償請求は、あくまであなたが加害者にするものです

加害者が、任意保険を使う使わないを決めるのは自由ですので

被害者は、時効中断の念書さえ加害者から取っていれば問題ありません


ただし、相手に支払能力がないと判断できれば

加害者に

「任意保険が、補償を肩代わりしてくれるのは事故から2年までですよ」

と伝えて上げましょう


加害者は、事故を任意保険会社に通常60日以内に報告する義務があります


示談が成立して、被害者に賠償金を支払う場合は、

加害者が任意保険会社にその金額を請求するという流れです

それを加害者が2年以内に怠れば時効が成立します


時効の中断手続きは、加害者にやらせましょう


■時効になっていても、損害賠償請求をする方法


これは、ちょっと裏技的な要素になるのですが、

ほとんどの方が、時効がくれば、自動的に

「賠償責任がなくなる」と思っていらっしゃいます


ところが、

時効が完成しても、加害者の補償責任(賠償責任)は消滅しないのです


その理由は、

時効の期限を過ぎた後、加害者本人が


消滅時効の援用を受ける(時効の利益をうける)という旨を

被害者に内容証明郵便などで伝えなければ

「賠償責任は消滅しない」という法律があるからです(民法145条)


ここがポイントです


加害者が消滅時効の援用を行っていない場合は

加害者に賠償責任を承認させて、消滅時効の援用を

出来なくさせるんです


つまり、治療費の一部を支払ってもらうなり、念書をもらうなりすれば

時効を阻止、又は中断させる事が出来ます

そして、正式な損害賠償請求をやるんです


このあたりになると、専門知識が必要かと思いますので

弁護士行政書士に相談されるのをお勧めします


なので、仮に時効になっていても諦める必要はありませんよ


■交通事故の示談後に後遺障害が発生!賠償請求出来るのか?


基本的に、示談が成立したあとに、別途請求を行うことは

出来ません

示談は民法の「和解契約」として法的効力があるからです


ただし、後遺障害の損害賠償請求については可能です!


事故との関連性を医師が書面で証明してくれれば

堂々と請求出来ます


また、損害賠償請求の時効は

医師が後遺障害診断書を記載した日から【2年】

なっていますので、これも気をつけておきましょう




あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

時効でも損害賠償請求は出来ます

関連エントリー

交通事故の示談交渉で時効になっていても、損害賠償請求をする方法




管理人おすすめサイト
このサイトはなぜ支持されるのか?
その圧倒的な人気の秘密とは??
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト